キャットフード

低脂質のキャットフードについて

脂質を摂取しすぎると太ってしまうのは猫も人間も同じであり、肥満が万病のもとであるのも同じです。

このため、猫が肥満傾向にあるようであれば、ダイエットさせなければならないと思う飼い主さんも多いようですが、単純にキャットフードの量を減らすだけで猫のダイエットに成功するわけではありません。

猫は本能の強い動物なので、キャットフードの量を減らされて空腹ばかりを感じるようになってしまえば、猫にとって苦痛でしかないのです。

猫のダイエットを成功させるのにおススメな方法とされるのは、これまでのキャットフードを低脂質なキャットフードへと変更する方法です。この方法であれば、猫にとって食べられるキャットフードの量が変わらないのでストレスとなりづらいのです。

低脂質のキャットフードを選ぶには、しっかりと成分確認しなければなりません。

その理由は、食べる量が変わっていないように猫をだますことで摂取カロリーを減らすよう設計されたキャットフードが少なくないためです。

それらのキャットフードは猫の消化に良くない穀物を使用している場合が多いので、グレインフリー(穀物不使用)と明記されているキャットフードを選ぶようにしましょう

猫は本来、肉だけを食べていても生きていける動物であり、消化・吸収できない穀物が身体に入り込むと余分な糖分が脂肪として蓄積されるため、ダイエットに成功する可能性も失われてしまいます。

低脂質のキャットフードを選ぶべきシーンは、猫のダイエットのためだけではありません。猫が高齢となっている場合にも、低脂質なキャットフードを選んだほうがいいとされています。

年齢を重ねれば、どうしても代謝や運動量が低下してしまうため、それまで通りの量を高齢の猫にあげていると、内臓脂肪や高脂血症、肝リピドーシス(脂肪肝)などの病気を引き起こす可能性があります。

猫に元気でいてもらうために、長生きしてもらうためにも、高齢の猫には低脂質なキャットフードをあげたほうが望ましいとされています。

ペット用製品が各種充実している今日、プレミアムキャットフードと呼ばれるなかには、身体を維持できるくらいの低脂肪で、穀物を使用せず、タンパク質の量が多いキャットフードもリリースされていますので、そのようなキャットフードを選ぶようにしましょう。低脂質のキャットフードを選ぶのは、猫の健康管理のためにもおススメです。

グレインフリーのキャットフードはこちら