キャットフード

猫の腸内環境はキャットフードによって変わるの?

猫も人間も同じ哺乳類であり、猫の腸内にも悪玉菌と善玉菌、日和見菌がいます。これらのバランスを整えることで、より健康になるのは猫も人間と同じです。もし、猫の便がゆるい、もしくは便秘気味なようであれば、猫の腸内環境を整えるように努めましょう。腸内環境が良くなれば、下痢や便秘が改善するだけでなく、アレルギー対策にもなりますし、免疫力もアップし、被毛のツヤが良くなるなど、イイことづくめです。メディアで私たちに腸の健康が大切であると発信されている内容は、そのまま猫にも当てはまるのです。

人間の場合、腸内環境を整えるには食事をしっかり摂り、十分な睡眠と適度な運動を心がけ、ストレスをため込まないようにするのが大事とされていますが、猫の腸内環境を整えるにあたって私たちがサポートできるのは食事の内容を変えていくくらいです。

キャットフードもいろいろな種類のものが販売されていますが、猫の腸内環境を整えるためのキャットフードとしておススメなのは、穀物を使用していないキャットフードです

猫は穀物を体内に取り込むとなかなか消化できないので、消化されなかった穀物が腸内へと達します。その結果、腸内には悪玉菌が増えてしまい、日和見菌も悪玉菌に味方してしまうため、一気に腸内環境が悪化してしまいます。穀物の入っていないキャットフードはグレインフリーと記されていることが多いので、それをキーワードとしながらキャットフード選びをするといいでしょう。グレインフリーのキャットフードは肉や魚を中心とした良質なたんぱく質を用いているため、猫の腸内環境にとって理想的なキャットフードといえます。

グレインフリーのキャットフードはこちら

また、プレミアムキャットフードとされるものには、食物繊維や腸内の善玉菌を増やすプロバイオティクスや乳酸菌などの原料が含まれているキャットフードもありますので、それらを食べさせるようにするのもいいでしょう。ちょっと贅沢な気もしますが、猫に長生きしてもらうためのキャットフードを選ぶのは、飼い主として痛いとは思わない出費です。

軟便や便秘が続くなど、腸内環境があまり良くなさそうであれば、まずは腸内環境を整えるためのキャットフードを与えてみてください。私たちが腸内環境のバランスを崩す原因の多くが食物にあるよう、猫も食物によって腸内環境を悪くしてしまうのです。猫は家族の一員だからこそ、各メーカーより腸内環境改善に着目したキャットフードが販売されています。