キャットフード

バレンタインの時にキャットフードも特別にする?

どのようなジャンルの商品でもイベントに便乗することが多くありますが、キャットフードも例外ではありません。例えば、キャットフードがバレンタインに乗っかったりもしているのですが、そのキャットフードの外見はもはやキャットフードの域を超えてしまっています。

バレンタインに便乗したキャットフードについて調べてみたところ、“美味しいおやつセット”というものがありました。

内容はチキンやサーモン、豚肉を中心にしたものなので、まだキャットフードとして捉えられますが、驚いたのは“ケーキ”です。

しかも、ストロベリー&チョコレート風ケーキであり、“1層目はキャロブ(イナゴ豆)を使ったチョコ風ケーキ。2層目はふわふわのイチゴムース。

3層目は新鮮なイチゴをたっぷり使ったゼリーよせ。

手の込んだとても美味しいバレンタインケーキです”との紹介がされています。

人間が食べるようなケーキにしか見えませんし、思わず“本当にこれを猫が食べの・・?”と思ってしまいますが、なんと完売したとのことなので、やはり食べるのでしょう。

これまでのキャットフードについての概念を崩されてしまうほど斬新なバレンタイン使用のキャットフードでした。

ちょっとしたイベントに、猫に特別な食事を与えてみるのも、一年のなかに数回見つけられる楽しみといえるかもしれません。

特に女性の方であれば、愛猫にバレンタインのプレゼントをあげてみるのもいいでしょう。そのようなときに選ぶべきは、やはり消えモノであり、キャットフードをバレンタインのプレゼントとするのがベターな選択肢と考えられるのではないでしょうか。

上でご紹介したバレンタインケーキ仕様のキャットフードは極端な例としても、パッケージをバレンタイン調にしたりと、各メーカーが工夫を凝らしていますので、案外とキャットフード選びを楽しめるのもバレンタイン商戦の魅力の一つかもしれません。

アレンジされたキャットフードに共通しているのは、大量に製造して出荷するようなメーカーはバレンタインに合わせた展開を行いづらく、少量のプレミアムキャットフードを取り扱っているようなメーカーほどバレンタインに照準を合わせた柔軟な展開をしやすいという点です。

これらを考えれば、バレンタイン仕様のキャットフードを選ぶにあたって、安全性も保たれていると判断できるでしょう。

プレミアムキャットフードはこちら