キャットフード

無農薬のキャットフードを愛猫に与えたい!

人間の体にとって良くないものが、猫の健康にとって良いはずがありません。

猫の健康を考えるのであれば、農薬たっぷりの原材料を使用したキャットフードより、無農薬のキャットフードを与えたほうがいいのは言うまでもないでしょう。猫も大切な家族の一員なのですから、猫の食の安全性についてもしっかりとした意識を持ってみてはいかがでしょうか?

キャットフードの原材料を眺めてみれば、肉類を中心に諸々の素材を確認することができますが、それらの中に私たち人間が口にしているような食材が見られたとしても、その食材の品質は私たちが口にできるような代物ではないケースも少なくありません。

人間用の食材として生産したが、品質が良くなかったので出荷できなかったため、キャットフードの原料とするケースもあれば、量を供給することを最優先し、生産効率ばかりを高めた素材を使用していることも考えられます。

後者の場合、農薬が欠かせません。農薬は食材を安定供給するための散布されるものなので、キャットフードに使用されている素材が農薬まみれである可能性は否定できないのです。

上記を眺めると、いくらなんでもオーバーでは、と考える人もいらっしゃるでしょうが、それほどペット関連用品については法規制が何もないといっても過言ではない状況となっているのです。

例えば、ペットシャンプーの場合には人間用のシャンプー用に開発したものが規格に適合しなかったのでペットシャンプーとなっていたり、台所用洗剤をペットシャンプーとしているようなケースもあります。

この理由は、ペットシャンプーは工業雑貨として取り扱われているので、品質にまったく法規制がされていないためです。

これらを考えれば、キャットフードの素材に農薬が使用されていると仮定するのは間違いではないでしょう。

農薬入りのキャットフードを与えたくない場合には、オーガニックをセールスポイントとしているキャットフードを選ぶようにするといいでしょう。

オーガニックキャットフードは、フード自体にはもちろん、原材料の家畜・家禽・野菜などにも化学肥料や農薬などを一切使っておらず、安全性が高いと言われています。

このため、値段もそれなりに高くなってしまいますが、猫の健康を維持できるのであれば、決して高くない出費として考えられるでしょう。

農薬まみれのキャットフード、という字面を眺めるだけでも、どうにかそれらを避けたい気持ちになってしまいます。

私がネコちゃんの健康に気を使って与えているキャットフードはこちら