キャットフード

キャットフードで膀胱炎予防はできる?

トイレに何度も出入りしたり、トイレしている様子がどことなくおかしくなったりしている場合には、膀胱炎となっているかもしれません。

人間と同じく、猫も膀胱炎になってしまいます。猫の膀胱炎は大きく分けて、感染、結石、原因不明の3つがあるとされていますが、キャットフードで膀胱炎予防ができますので、不快かつ辛い思いをさせないよう、今後のキャットフード選びに気を使ってみましょう。

膀胱とは尿を一時的にためる袋のことであり、そこに炎症が起きることを膀胱炎といいます。

膀胱炎には急性と慢性があり、急性であれば数週間の投薬治療で治ります。しかし急性を放置すると慢性化し、さらに重症化すると病院で的確な治療を受ける必要があります。

キャットフードが膀胱炎の原因となりうるのが、尿路結石と突発性膀胱炎の場合とされていますが、キャットフード選びにこだわれば、それら原因の排除以外に、膀胱炎予防へとつながっていきます。

膀胱炎予防に役立つ成分として、クランベリー、オメガ3脂肪酸、メチオニンDLに注目しておきましょう。

キャットフードのパッケージに成分が記載されていることがほとんどなので、それらを丁寧にチェックするようにします。

これらの成分は尿を酸性に保ち、抗酸化力にも優れているため人間の膀胱炎や結石治療にも用いられています。

猫にとって膀胱炎はとても身近な病気であり、クランベリー、オメガ3脂肪酸、メチオニンDLといった成分を含むキャットフード以外にも、膀胱炎予防に効果的とするキャットフードもリリースされています。

また、膀胱炎予防の基本は、水をたくさん飲ませて尿を排出させることなので、ドライフードを与えているのであればウェットフードに切り替えてみるといいでしょう。

水分の摂取は、どの膀胱炎にも効果があるので、飲み水の場所を増やす、器を変えるなどの工夫をしてみてください。

上でもご紹介したように、猫にとって膀胱炎は身近な病であり、再発率も高いので、日頃からの膀胱炎予防が大切となってきます。

重症化した場合は本当に厄介なので、病院へ連れて行くのが基本となりますが、高額な費用がかかるだけでなく、肝臓や腎臓にも負担がかかります。

これらを考えても、キャットフードで膀胱炎予防ができるのであれば、誰もが取り組むべきであると考えられるのではないでしょうか。猫にずっと元気でいてもらえるように、日頃からのケアを大切にしてください。

私は健康に気を使って「モグニャン」というキャットフードにしています。レビュー記事はこちら